{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/10

【保護猫支援】ロシアンサブレ缶

¥1,728 税込

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
レビュー80件

送料についてはこちら

累計販売数3,400缶突破!! 「猫を助けるお菓子缶」 80件を超えるレビュー評価でも、ほぼすべてで満点をいただいている当店の一番人気商品です。 ロシアンサブレは別名スノーボールやブールドネージュと呼ばれる伝統菓子で、本商品は4種をオリジナルの缶に入れました。 サクサクほろほろとした軽い食感と上品な口溶けを、その日の気分に合わせてお楽しみください。 ※本商品は保護猫活動支援プロジェクト「No Cat No Life」の対象商品につき、売り上げの10%が一般社団法人ティアハイム小学校へ寄付されます。 【内容量】 16個(プレーン・きなこ・和三盆・いちご 各4個) 【原材料】 小麦粉、バター、くるみ、粉糖、きなこ、和三盆、イチゴパウダー 【保存方法】 直射日光・高温多湿下での保存はお避けください。 【賞味期限】 発送日より14日 ※開封後は賞味期限に関わらず、お早めにお召し上がりください。 【缶のサイズ】 D178(170) × W90(84) × H52(42)mm ※カッコ内の数字は内寸です。 【熨斗】 本商品は熨斗には対応しておりません。 【手提げ袋】 手提げ袋が必要な方は、下記URLより「手提げ袋」を必要数量ご購入ください。 https://unfleur-ec.shop/items/618b110654ddd822f5b2842c 【発送方法】 1点のみ購入:ヤマト運輸「宅急便コンパクト」 2点以上:ヤマト運輸「通常便」 【発送・到着日】 発送日:ご注文から3営業日以内で発送いたします。 ※在庫切れの場合は、発送に数日の遅れが生じます。 ※配送日指定があった場合、基本的に2日前(2日前が火曜日の場合は3日前)に発送いたします。 到着日:発送の翌日・翌々日(地域によって異なります) 【保護猫活動支援について】 当店が保護猫活動を支援しようと思った理由、支援先「ティアハイム小学校」について、支援の概要などを記載しておりますのでご覧ください。 ▼保護猫活動を支援しようと思った理由▼ 当店には敷地内の木陰に捨てられているところを保護し、今や看板猫(厨房はもちろん店頭にも現れませんが)となった「ゆきち」がいます。 実は世間の猫ブームの裏では、飼い主の高齢化や多頭飼育の崩壊など、ゆきちと同じように行き場を失った猫たちが増え社会問題ともなっています。 スタッフはもちろんシェフもゆきちにメロメロになり、いつしか同じような境遇の猫たちを助けてあげたいと思うようになりました。 しかしながら、飼える数にも限りがあるため思うようにことが運ばなかった折に、岡山県内で保護猫活動を支援している「ティアハイム小学校」の存在を耳にしました。 ▼ティアハイム小学校とは▼ 以下、WEBサイト( https://www.tierheim-okayama-pre.com )より引用 ------------------------------------------------------------ はじめまして、日本で初めての取組み”廃校を活用した保護ねこ施設”の「一般社団法人ティアハイム小学校」と申します。 ティアハイムとはドイツ語で「動物の家」「保護施設」という意味です。(世界的に有名なTIERHEIM BERLIN(ティアハイムベルリン)で聞き馴染みがある単語かと思います) シェルターや保護施設は全国的に増えてきましたが、どの施設も「場所が足りなくてこれ以上は預かれない」という声を耳にします。 また狭い場所に多くの犬猫を保護した結果、施設自体の環境が悪化するというケースも少なくありません。 広々とした環境で安心して保護出来る施設を作りたい。 そこで着目したのは全国的に増えている廃校の存在でした。 ー ようやく見つけた理想的な物件(廃校) ー 私たちが出会った物件(廃校)は、岡山県のちょうど真ん中に位置する「吉備中央町」にあります。 周辺の環境は緑に囲まれ、穏やかな気候。 数年前に出版された書籍では「日本で最も安全な場所」の1つとしても注目された場所です。 この吉備中央町で数年前に廃校になった「大和(やまと)中学校」を保護施設として再活用する為に行政や近隣住民との協議を続けた結果、正式に動物保護施設の利用が認められました。 敷地面積約4000坪(3階建ての校舎(新耐震)、広いグラウンド、体育館)全てが動物のためだけに使えることになりました! ー ティアハイム小学校のこだわり ー 旧中学校なのに、どうして小学校?と尋ねられることがあります。 色々な事情で家を失った猫が、この場所にやってきて また新しい家族と出会って巣立っていく(卒業していく)。 そんなイメージをしたとき、猫たちは小学生くらいのイメージがぴったりだと感じたため「ティアハイム+小学校」というネーミングになりました。 ティアハイム小学校には一般的な動物病院と変わらないレベルの医療設備があります。 「命を救いたい」という同じ志の獣医師の先生の協力体制も得られ、保護した犬猫の検査やワクチンだけでなく避妊・去勢手術まで全て施設内で完結できます。 ------------------------------------------------------------ ▼支援の流れ▼ 当店は実際にティアハイム小学校の現地も視察し、猫にとって素晴らしい環境であったため、継続的な支援活動を行っていきたいと考えました。 そこで、ティアハイム小学校が色々なグッズに使用していたイラストに着目し、同じイラストレーターさんに愛猫のイラストを描いてもらい、それを活用した対象商品の売り上げから10%を毎月継続的に寄付することにしました。 店頭やSNSでもこういった猫たちの存在を啓蒙していくことで、少しでも多くの猫たちが幸せに暮らせることを願っています。

セール中のアイテム